サンドイッチから抜き取られたフィッシュフライと落ちていた伝票

サンドイッチの謎
前回、凶器のネクタイと不可解なサンドイッチを詳しく調べましたが、
今回はサンドイッチに挟まっていたはずのフィッシュフライが何故、テーブルの上に無造作に置かれていたのか。
そして、テーブルの下に落ちていた伝票など事件に関係していそうな証拠品をより詳しく調べていこうと思います。
捜査メモ
では、まず「フィッシュフライ」から調べていこうと思います。
「ピクルスの汁が付いた白身のフライ。食べられた形跡はない。元々サンドイッチに挟まっていたものが、何故か取り出されている。」
と書かれています。
ルーシー・クレイラはピクルスが大嫌いのようで、眉間にシワを寄せています。
そして、「なぜフィッシュフライだけ外に出されていたのでしょうか?」と質問します。
レイトン教授の息子・アルフェンディ・レイトンはフィッシュフライからピクルスの香りがするのが気になるようで、
「フィッシュフライがピクルスの上か下に挟まっていたのではないか」とルーシーに言います。
サンドイッチに挟まっている具材の順番は非常に大切なので、記憶の片隅に入れておくと良いですよ♪
サンドイッチの謎
次は、テーブルの下に落ちていた「伝票」を調べていきましょう。
「サンドイッチとトロピカルジュースを注文した伝票の控え。パティの直筆で「Gerald Felps」とサインしている。」と書かれています。
レイトンは、この伝票には今回の事件を解決するうえで、非常に重要な意味を持った証拠品だと言います。

ルーシーは「注文内容に間違いでもありましたか?」と言います。
しかし、重要な部分は注文内容ではなく、「Gerald Felps」と書かれたサインの方なのです!
そして、このサインを書いた人物が他でもないパティ自身ということも重要なのです。
この部分はおいおい必要になるため、「Gerald Felps」の綴りと書いた人物だけは覚えておきましょう!

では最後に「カーテン」について調べてみましょう。
「日差しを完全に防ぐことが出来る遮光カーテン。
閉め切られていると、室内からテラスの様子を伺うことができない。」と書かれています。
ゲラルドとタリア双方の証言通り、カーテンは閉め切られており、ゲラルドが一度部屋に戻ってきた際に、
パティを発見することが出来なかったのも、うなずけます。

アルフェンディ・レイトンは、パティ自身がカーテンを閉め切る可能性は低く、
カーテンを閉め切った人物こそが、パティを殺害した真犯人だと言います。
なぜなら、犯人は少しでもパティの遺体を発見するのを遅らせるのが狙いのように見えるからです。

これまでの捜査工程で、誰が犯人なのか、皆さん既にお分かりになったかと思います。

パティの恋人であるゲラルド・ルームサービスを運んだヴァン・清掃係のタリア、
この中から犯人だと思う人物を右上の「犯人を答える」アイコンをタップして、犯人だと思う人物を選択してください。

ではまた次回の攻略をお楽しみに♪

怪しいのはネクタイ? サンドイッチ?〜証拠品を詳しく調べよう!〜

捜査メモ
「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」攻略も、もう第9弾!

前回、投影マシーンを用いた現場検証を行い、様々な証拠品を回収したと思います。
今回はそれらの証拠品を詳しく調べていきます。
もし、この段階で犯人の目星が付いた方は、右上に表示されているアイコンをタップして、犯人を答えるのもありですよ♪

では、左上にあるメニーアイコンをタップします。そして「情報確認」をタップします。
今回は先ほど集めた証拠品を詳しく調べるため「証拠カード」を選択します。
テーブルや観葉植物など様々な証拠カードの中から、
今回は最も重要なアイテムだけを厳選して、より詳しく調べていこうと思います!

まず、最初に観葉植物に掛かっていた「ネクタイ」を調べていきたいと思います。
「シルクの高級ネクタイで、パティの恋人・ゲラルドの所持品。しわくちゃで、強く引っ張られた痕跡がある」と書かれています。
ルーシー・クレイラが「なぜこんな場所に、ゲラルドのネクタイが?」とアルフェンディ・レイトンに質問します。
すると、「パティの殺害方法は、絞殺。首を絞めるには最適な道具だね。しかし、何故こんな分かりやすい場所に捨てたのか。」と発言します。
確かにゲラルド本人が殺害したのならば、こんな分かりやすい場所に隠したりはしませんよね。

続いて調べるのは、レイトンとルーシーが最も気になっている「サンドイッチ」です。
「ボリューム満点なダブルフィッシュサンド。ホテルの人気メニューなのに、一口も食べられていない。」と書かれています。
ルーシーが嬉しそうに「白身魚のフライとスモークサーモンのダブルフィッシュサンドですよ!美味しそうですね♪」とレイトンに話しかけます。
すると、レイトンはそうでもないような様子で「出来れば、別々に食べたい。」と言います。
「一緒に食べるから良いんですよ!」と語り出すルーシー。性格も食に関しても正反対の2人ですね♪

脱線してしまいましたが、レイトン教授の息子・アルフェンディ・レイトン氏は、
このサンドイッチに挟まれているはずの「フィッシュフライ」が外に出されていることに疑問を感じているようです。
「パティは、白身魚が苦手だったのでは?」と、ルーシーは言いますが、
フィッシュフライが無造作にテーブルの上に置かれていることがおかしいと言います。
確かに苦手な食べ物だからといって、テーブルの上に置いたりはしませんよね。さすがに、これは非常識な行為だと思います。
このサンドイッチに挟まれていたフィッシュフライが、なぜサンドイッチから抜き取られて、
テーブルの上に置かれていたのか、そして、何故彼女の手が挟まっているのかが非常に重要なポイントになっています。
捜査メモ
では、次回はサンドイッチに挟まれていた「フィッシュフライ」を含む重要な証拠品について記載していこうと思います。

現場検証スタート〜レイトン・ミステリールームの裏技公開!

捜査開始
「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」攻略、いよいよ第8弾まで進んできました!

前回、投影マシーンの操作方法をご紹介しました。
では早速、レイトン特別製投影マシーンを用いた現場検証を行っていきたいと思います。

一通り使い方を教えてもらったルーシー・クレイラに向かって、
今日は来客の予定があるから5分以内に現場検証を終了させてほしいとレイトン教授の息子・アルフェンディ・レイトンは言います。

ルーシーは「たった5分ですか!」と焦りの表情を見せますが、
レイトンは続けて「今の段階で犯人を特定することは困難だろうが、まずは、キミの直感で誰が犯人なのか答えてみて欲しい。」と言います。
レイトン曰く、直感で予測することも事件解決には必要らしく、そこから推理が始まるものだからだそうです。
もし、犯人を当てる自信がある方は、現場検証画面の右上にある「犯人を答える」というアイコンがありますので、
自分の直感を信じて3人の中から1人を選んでみてください♪今までの記述に怪しい証言をした人物が居ますので、
ピンと来た方もいらっしゃると思います!
捜査開始
そうでした!言い忘れていましたが、裏技です!
メニューアイコンを開いている最中や、メニューアイコンにあるアイコンをタップして閲覧しているときは残り時間がストップしますので、
是非活用してください。また、「情報確認」では、ストーリーが進むにつれてどんどん証言や人物、
証拠のカードが増えていくので、細かく確認すると良いですよ。

また、右下にヒントアイコンが表示されているので、分からない場合はタップしてレイトンやルーシーの助言を聞くのもオススメです。
稀に2人の面白い会話を聞くことも出来ますよ♪

以上、

では、制限時間5分以内に全ての証拠品を集めて犯人を当てたいと思います!

まず、黄色い点線で囲まれている箇所を確認します。今回は3か所ありますね。
では、一番手前のテーブルに突っ伏しているパティをタップします。
すると、「テーブル・フィッシュフライ・トロピカルジュース・サンドイッチ・遺体」に白い印が付いているので、
全てタップして証拠カードに追加していきます。ここで忘れがちなのが、下部のカメラアイコンをプラスにスライドさせて、
テーブルの下に落ちている「伝票」の回収を見落とすことです。忘れずにタップしましょう!
続いて、右奥の観葉植物を囲っている黄色い点線をタップします。
まず「観葉植物」をタップ。そして、ここもカメラアイコンをスライドさせると、
観葉植物の根っこ部分に引っかかっている「ネクタイ」があるので、タップして証拠カードに追加します。
伝票とネクタイは、忘れることが多いので、要注意です!
最後に左にある黄色い点線で囲まれた部分をタップします。
こちらは「デッキチェア」のみと思われがちですが、
カメラアイコンをスライドさせて拡大させると「カーテン・窓」がタップ出来るようになっています。
どちらも事件では必要になるので回収しましょう。

どうでしょう?全ての黄色い点線で囲まれた部分に赤いチェックが入りましたか?
これで現場検証終了です♪ 裏技も駆使すれば、意外に簡単だったのではないでしょうか。

次回、集めた証拠品を詳しく調べていきたいと思います!

レイトン特別製投影マシーンを使って、現場検証を行おう!

マシーン
前回、容疑者3名の詳しい証言と事件の鍵であるサンドイッチについて触れました。
今回はより事件の真相に近付くため、現場検証を行うことになります。

ルーシー・クレイラもアルフェンディ・レイトン同様、パティの手が挟まれたサンドイッチが気になるようです。
考え込むルーシーにレイトンは唐突に「犯人は誰だと思う?」と質問してきました。
驚いたルーシーは「現場検証など、先にやることがあるのでは?」とレイトンに言います。
すると、レイトンは「現場なら、そこにあるから自由に見てくれていいよ。」と面白いことを言います。
ルーシーは怪訝な表情を浮かべ「現場が“そこ”にある?」と言います。

すると、レイトンが何かのスイッチを入れ「これだ」と言いながら、マシーンを起動させました。
すると目の前に忠実に再現された現場が現れたのです!
投影マシーン
驚きを隠すことが出来ず、大きな声で「な、なんですかこれは!」と興奮気味にレイトンに尋ねると、
自ら事件の現場に赴くことなく現場検証が行える投影マシーンだと教えてくれました。
この装置を使えば、遠くで起こった事件も忠実に再現することが出来る非常に優れたマシーンです。
「最近の警察は凄いですね!」と感服していると、レイトンは「このマシーンは、うちの特別製だよ。」と言い、
ルーシーに投影マシーンを使用した捜査の説明が始まります。

投影マシーンを用いた現場検証では、画面をタップして、現場を見やすく回転させたり、移動させ、
怪しい場所を拡大したりタップして証拠を回収していくのが目的です。
黄色い点線で囲まれた部分をタップすると、その箇所が拡大されて表示されます。
そして、白い丸の部分をタップすると見事証拠品ゲットとなります。
また、下部にカメラアイコンと共に左右に伸びたバーがあると思います。
このカメラアイコンを左右に移動させることで、拡大・縮小することが可能です。
全ての証拠品を集めることが出来たら、右下にあるアイコンをタップすることで元の画面に戻ることが出来ます。
また、その場所で全て証拠品を集めることが出来た場合は、
黄色い点線で囲まれた部分に赤いチェックが入りますので、取り逃す心配はありません♪

左上にはメニューアイコンが表示されているので、事件に行き詰ったときは、ここをタップしてください。
「事件概要」というアイコンをタップすると、事件を再現したイメージ画像を何度も確認することが出来ます。
そして「情報確認」というアイコンは、これまでに入手した証言・証拠・人物の詳細な情報がカードとして表示されます。
これらも何度も読み返すことが可能なので、これらの情報を駆使して真犯人に辿り着きましょう!

次回、いよいよ現場検証がはじまります!

レイトン・ミステリールーム〜3名の容疑者とサンドイッチの謎〜

現場の状況
前回の記事では、ホテルで起こった殺人事件の概要をご説明しました。
そこで浮かび上がった容疑者3名とサンドイッチの謎が「ミステリールーム」攻略の大きなポイントとなります。
今回は、容疑者3名の証言とサンドイッチの謎に迫っていきたいと思います。

なぜパティの手がサンドイッチに挟まれていたのか気になったようで、
「サンドイッチに手?」と、ルーシー・クレイラはアルフェンディ・レイトンに尋ねます。
レイトンは「タマゴやレタスと一緒に彼女の手もサンドイッチに挟まれていた。」と伝えます。
ますます分からなくなったルーシー。私も初めてこの「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」を
プレイしたときは全く意味が分かりませんでした。

考え込むルーシーに、レイトンは「この謎を解き明かすことが出来たら、テストは合格だ。」と言いました。
採用を獲得するため、ルーシーはこのテストに全力投球することを誓いました。
では、この先レイトンが容疑者3名について詳細を教えてくれるというので、進めていきたいと思います。

まず1人目の容疑者「ゲラルド・フェルプス」37歳。
容疑者ゲラルド
殺害されたパティの恋人です。
彼女が殺害されたと思われる時間帯に部屋へ忘れ物を取りに戻って来ています。
その際、甘たるい香水の香りがしたと言います。
その香水の香りはパティの物ではなく、ベルボーイのヴァンの香水の香りに似ていたそうです。
ゲラルドは、部屋で彼女に会っておらず、部屋を後にする際、掃除の札をドアノブに掛けていったと証言しています。
ルーシーは「パティが外出していた可能性は?」とレイトンに尋ねました。
レイトンは、その可能性は否定することが出来ないが、ゲラルドが彼女の存在に気付かなかった可能性もあると言います。
その根拠が、閉め切られたカーテンです。
ゲラルドが部屋に戻った際にカーテンが閉め切られていたと証言しているからです。
しかし、「恋人の存在に気付かない男性は居るのでしょうか?」としかめっ面をしたルーシーがぽつりと呟きます。

2人目の容疑者は、パティが宿泊していたホテルのベルボーイ「ヴァン・ジェラード」19歳。
容疑者ヴァン
生前のパティが最期に会ったと思われる人物です。
レイトン曰く、全ての証言が正確ならば、彼が一番怪しいそうです。
彼は、パティからのルームサービスの連絡を受け、テラスまでサンドイッチを運びます。
その際、パティと少しだけ会話をしたと証言しています。会話の内容はミステリー小説についてだそうです。

最後の容疑者は「タリア・イルヴォンスキー」51歳。
容疑者タリア
パティが宿泊していたホテルの清掃員であり、パティの遺体の第一発見者でもあります。
彼女は、忘れ物を取りに来たゲラルドが退室する際にドアノブに掛けていった
「掃除お願いします。」という札を確認してから室内に入り、清掃作業中に彼女の遺体を発見したと証言しています。
ちなみに、彼女はホテルにある全ての部屋に入ることが出来るマスターキーを持っています。
現場の状況
ルーシーは、遺体の第一発見者のタリア、生前のパティが最期に会ったと思われる
ヴァン・恋人の存在に気付かなかったゲラルド全ての人間が怪しく感じて、難しい顔をしています。
一番関係のなさそうなタリアは遺体の第一発見者ですもんね!
よくドラマでも第一発見者は疑うべきと言っていますよね。
しかし、レイトンは今回の事件のポイントは「パティの手が挟まれたサンドイッチ」だと言います。
この謎を解くことが出来れば、必然に犯人の目星が付くと言います。
では、このサンドイッチにはどんな意味が込められているのでしょうか?
「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」の攻略はまだまだ続きます!

ミステリールーム攻略〜3名の容疑者から犯人を捜そう!〜

試験問題
前回、ルーシー・クレイラはアルフェンディ・レイトンから衝撃の事実を伝えられます。
正式に採用するにあたって、1つテストをしようと言われたルーシー。
しかし、先日リャン副所長とのやり取りを思い出すとルーシーにテストを突破することが出来るのか不安です。
しかし、ここで止めるわけにはいきません!
そんなこんなで、ルーシーはレイトンに採用してもらうため一生懸命取り組むのでした。
試験問題
今回は「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」攻略の上で欠かせない、
ルーシーが受けるテストの概要と事件に関わる怪しい3名の容疑者をご説明したいと思います。

殺人事件と聞き、ルーシー・クレイラは、腕を組み、険しい表情でアルフェンディ・レイトンの話しに耳を傾けます。

今回の被害者は、「パティ・ヘルウィッグ」23歳の女性です。
被害者パティ
およそ1か月の長期滞在の予定で恋人と2人でこのホテルに宿泊していました。
彼女は、事件当日のお昼にルームサービスでサンドイッチを注文し、容疑者の1人であるベルボーイの「ヴァン」が届けたそうです。
容疑者ヴァン
その際、彼女の希望もあり、テラスにあるテーブル席までサンドイッチを運んだと証言しています。
ヴァンがサンドイッチを届け、部屋を去った後、2人目の容疑者である恋人の「ゲラルド」がやってきます。
容疑者ゲラルド
彼は部屋に忘れ物を取りに戻ってきただけで、忘れ物を持ったら、すぐに部屋から出て行ってしまったそうです。
「このときゲラルドは恋人のパティと会っていないのか」というルーシーの質問に「ゲラルドはパティに会っていない」と答えます。

また、ゲラルドは部屋を退室する際、外のドアノブに「掃除をお願いします。」という札を掛けて行ったと証言しています。
その札を見て中へ入ってきたのが、3人目の容疑者である「タリア」です。
容疑者タリア
彼女はこのホテルに長く務めている掃除のおばちゃんです。
タリアは、ドアノブに掛かっている札を確認し、部屋の中へと入りました。
そして、慣れた手つきで黙々と掃除を行ったそうです。
途中、締め切られたカーテンが気になり、開けてみると、テラスに女性の姿が見えたそうです。
しかし、その女性はテーブルに突っ伏した状態だったので、初めは眠っていると思っていたそうですが、
ぴくりとも動かないので少し違和感を覚えたタリアは、彼女に近付いてみると、首に絞められた跡があり、通報したと証言しています。
しかも殺害されていた彼女の手は自身で注文したサンドイッチに挟まれていたと言います。

ルーシーは容疑者で挙がった3名全てが怪しく感じられる中、レイトンは既にパティを殺害した犯人を知っているようです。
この段階ではまだまだ情報が少なすぎますよね!しかもサンドイッチに手が挟まれている意味とは!?

このサンドイッチが今回の事件を解くヒントになっているのは間違いないですね!
「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」攻略の鍵となってくるのではないでしょうか?

では、次回サンドイッチとパティの手の謎と3名の容疑者の動機などを詳しく記載していきたいと思います。

レイトン教授の息子アルフェンディ・レイトンついに登場!

ルーシーの自己紹介
ルーシー・クレイラは署内随一の推理力を持つと言われている人物に会うため、
今回自分が配属されることになった部署へ弾丸の如くやってきました。
扉を開け、「本日より配属になりました」と元気よく挨拶をしたのですが、部屋には誰も居ません。
室内は、お世辞にも綺麗とは言い難く、段ボールが何個も積み重なっており、
事件で使用したと思われる資料などが、ところせましと置かれています。
突然何を思ったか、ルーシーが「例のアレ」を練習すると言い出すのです!
「例のアレ」とは、いったいなんでしょうか?すると、ルーシーは腕を組み、
難しい表情を作って「事件の真犯人は…」と言うと、腕を前に突き出し、大きな声で「あなたです!」と指を指します。
すると、タイミング良く部屋の奥から白衣を羽織った男性が出てきて「それは予想外の推理だ。」
と頭を掻きながらルーシーに言います。
恥ずかしさと動揺から、わっわっと慌てるルーシー・クレイラの姿が可愛らしいです♪

すると、奥からやってきた男性に「キミは誰だい?」と質問されたルーシーは、
自己紹介をするのを忘れていたことを思い出し、
「ルーシー・クレイラです。こちらに配属になりました!」と大きく元気な声で自己紹介をしました。
ルーシーの自己紹介
男性は、ピンと来ていないようで、顎に手を当て、暫く考え込んでしまいました。
そして「そういえば、昨日何か受け取った気がする。」と言うと、
嬉しそうな顔で「よろしくお願いします!」と彼に向かって言いました。

ルーシーが何と呼べばいいのか尋ねると
「自己紹介がまだだったね。僕の名はアルフェンディ・レイトン。」と名乗ります。
彼こそがレイトン教授の息子、本作の主人公です!
レイトンの自己紹介
そして「呼び名は適当に決めてくれていいよ。」と言いました。
ルーシーが選んだ呼び名は「分かりました。教官!」まさかの教官ですか!
ルーシーらしいですね♪ レイトン教授の息子がレイトン教官というわけですね。

アルフェンディ・レイトンは、天真爛漫なルーシーを見て、
にっこり笑うと「まだ正式に採用したわけではない。」と伝えます。
ルーシーはその言葉を聞いて驚きます。
しかし、アルフェンディ・レイトンはルーシーに向かって、採用するために1つテストをしようと提案します。
今丁度、面白い事件があるということで事件の概要をルーシーに淡々と説明を始めました。

「先日、ホリデーシーズンということでリゾートを楽しむために多くの旅行客がやってきました。
そんな賑わう海辺のリゾートホテルで起こった事件です。」
南国の高級リゾートホテルのような大きくて真っ白なホテルの写真を見て、ルーシーは興奮しています。
アルフェンディ・レイトンも、このホテルはオーシャンビューが素晴らしいホテルだと絶賛しました。
そんな人気のホテルで殺人事件が起きてしまったのです。
試験問題
ついに始まったルーシー・クレイラへの採用試験!
以前、リャン副所長との会話でルーシーが勉強嫌いということが判明したのですが、
今回は見事アルフェンディ・レイトンからの採用試験を突破することが出来るのでしょうか!

ルーシー・クレイラの配属先の謎

署長が登場
前回、ルーシー・クレイラ自身が配属される部署に関して嬉しそうにリャン副所長に語っていたところで終わったと思います。
今回はその続きからプレイしていきたいと思います。

ルーシー・クレイラが嬉しそうに配属先を語っている傍らで、腕を組み、呆れ顔のリャン署長。
すると、1人の人物が「ふぉふぉふぉ」と笑いながら2人に近付いてきました。
白髪交じりの優しそうなおじいさんはルーシーに向かって
「その通りだ。キミには期待しとるよ。ルーシー捜査官。」と言います。
ルーシーは、その初老の男性にも応援されたということもあり、さらに自信を付けてしまいました。
そして、その男性に向かって「任せてください!署長!」と一言。

署長が登場

え!この「ふぉふぉふぉ」と笑いながらやってきた初老の男性が署長だったのですか!
すると、リャン副所長が「あんたのような落ちこぼれに事件が解けるものですか。」と一言。
ぐぬぬっと苦虫を噛んだような顔つきのルーシー・クレイラ。痛いところを突かれたって感じですね。
ルーシー・クレイラは「確かにテストの出来は最悪でしたが、それは前日にハンバーグを食べ過ぎたのが原因であって…。」
と非常に苦しい言い訳をし出しました。
ルーシー・クレイラ、いくらなんでもテストの出来とハンバーグは関係ないでしょと突っ込んでしまいました。

しかし、署長は「心配いらんよ。キミが配属になった部署には優秀な先パイがおる。彼の推理力は、うちの署 随一だ。」と言います。
そして、「彼が本気を出せば、解けぬ謎などありはせんよ。」と言います。
その言葉を聞いたルーシーは「スゴイ!」と驚き、その人物に今すぐにでも会いたい衝動に駆られ、
2人をそのままに走って行ってしまいました。

ルーシー・クレイラが去り、残されたリャン副所長は「本当にこれでいいんですか?」と署長に尋ねます。
そして、心配そうに「あんな危険人物の元に、部下を置くなんて。」と言うと、
署長が「彼を信じてみようじゃないか。アルフェンディ・レイトンを。」とぽつりと呟くのです。

やはり、リャン副所長は何としてでもルーシーを止めたかったのですね。本当に良い人だ!
しかし、危険人物扱いの本作主人公アルフェンディ・レイトンとは、いったいどのような人物なのでしょうか?

では、少々お時間が余ったので、次回プレイする「サンドイッチに挟まれた女」を軽く説明しようと思います♪

今回の依頼主はアルフェンディ・レイトンです。彼こそがかのレイトン教授の息子さん!
 そしてこの事件の謎を解く人物が、ルーシー・クレイラということになります。早速ルーシーに試練が降りかかるって感じですね!

では、次回File No.001「サンドイッチに挟まれた女」お楽しみに!

「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」〜序章〜

リャン副署長登場
早速「レイトンブラザーズ・ミステリールーム(LAYTON BROTHERS MYSTERY ROOM)」アプリをダウンロードし、
ゲームを起動させます。
大きく「レベルファイブ」と会社名が表示され、懐かしくも癒される音楽が聞こえてきました。
いよいよ始まりです♪

「スタート」をタップすると、File No.000「〜序章〜」依頼主:署長 難易度★と書かれたコマンドがありますので、
これをタップします。
どんなお話しなのでしょうね!ワクワクします。

レイトン教授シリーズは、昔から大好きでずっとプレイしてきたので、新作と聞いて飛びついたのですが、
今回は「レイトンブラザーズ」となり、少し雰囲気が違うということでドキドキしています♪ 
レイトン教授の息子、アルフェンディ・レイトンもどのような人物か楽しみです!

「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」の始まりは、真っ暗な部屋から。
一人の男性と思わしき人物が片手で頭を押さえています。
外はザーッという強い雨の音とゴロゴロと激しい雷の音が聞こえます。
「キズが疼く。あの日もこんな雨の日だった。オレがオレでなくなった日。」
と頭を押さえている男性の心境が画面に表示されます。
「オレがオレでなくなった日」とは、いったいどういう意味なのでしょうか?
今後の展開が楽しみになりますね!

すると、画面が切り替わり、明るい曲調の音楽と共に
物語の舞台であるスコットヤードの警察署の屋内が表示されました。
すると、朱色の帽子を被った可愛らしい女性とおかっぱ頭の男性が現れます。
おかっぱ頭の男性は、女性に向かって怒り心頭です。いったい何をやらかしたのでしょうか?

リャン副署長登場
女性は、おかっぱ頭の男性に向かって「わっ、すいません。リャン副署長。」と謝っています。
現在怒られている女性こそ本作の主人公の1人「ルーシー・クレイラ」です。
そして、ルーシーを叱っているおかっぱ頭の男性は、この警察署の副署長さんだったのですね!

 ルーシーはにこりと微笑みながら「あまりにも良い天気なので、ついつい窓の外を眺めていました。」と言うのです。
なんとマイペースな女性だ!
そして、彼女は手に持っていた紙を両手で持広げ、リャン副署長の前に出し
「まるで、私の任官を祝福してくれているみたいです!」と嬉しそうに言うのです。
しかし、その紙を見せられているリャン副署長は、腕を組み、呆れた顔で「祝福していない」と言います。
それはいったいどういう意味なのでしょうか? 

今回ルーシーが配属されることになった部署は、いつ取り潰しになってもおかしくない非常に危ない部署だそうで、
リャン副署長はそのことを心配してくれていたのです。
意外と人情の厚い人物だったのですね!
しかし、心配してくれているリャン副署長を余所にポジティブなルーシーは得意げに腕を組み、
「他の捜査官でも解けない難事件をバッサバッサと解決しまくる部署なんですよね!」
と配属されることに何の違和感も持っていません。

署長が登場

ルーシーはとても朗らかな女性でエネルギッシュな可愛らしい女性なのですね。
リャン副署長も今まで手を焼いていたに違いありません。
この先、ルーシーがどのような濃いキャラクター感を出してくれるのかが非常に楽しみです♪ 

「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」の実況中継、遅いので今回はここまでにします。

「レイトン教授」シリーズ最新作「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」をご紹介!

レイトン教授ゲームスタート画面
全世界累計出荷1500万本を越える人気アドベンチャーゲームの「レイトン教授」シリーズの最新作
「レイトンブラザーズ・ミステリールーム(LAYTON BROTHERS MYSTERY ROOM)」がスマートフォンアプリとして登場しました。

今回はなんと、レイトン教授ことエルシャール・レイトンの息子である「アルフェンディ・レイトン」が主人公です。
アルフェンディ・レイトンはスコットヤードで難事件と言われる事件のみを扱う専門的な部署で、
その部署は通称「ミステリールーム」と呼ばれています。
事件を解決する天才分析官のアルフェンディ・レイトンと配属されて間もない新人分析官「ルーシー・クレイラ」が
様々な難事件を解決していく推理ゲームとなっています。

今までのレイトン教授シリーズは、主人公のエルシャール・レイトンが考古学者ということで、
町の人々や様々な場所にある難問を解いていく頭脳ゲームでしたが、今回は警察官ということで、
殺人事件の犯人を見つけだし、矛盾点を突き付けていく推理ゲームとなっています。
これだけで、既に楽しそうですよね♪

さらに、ゲーム内は3Dを使用した立体的な犯行現場を再現しており、気になる場所をタップしたり、拡大や縮小したり、
さらには現場自体をクルクルと回転させることが出来るのです!
これは面白い機能ですよね。
あらゆる角度で犯人を逮捕するための証拠を集め、悪逆非道な犯人を追いつめていく内容となっています。

また、キャラクターも非常に魅力的で、登場するキャラクターは全て個性的な性格をしており、
特に主人公であるレイトン教授の息子・アルフェンディ・レイトンは面白い人格の持ち主です。
また、助手のルーシー・クレイラは元気いっぱいのビタミンっ子です。
綺麗な女性にちょっぴり嫉妬しちゃう女の子らしい一面も持っており、さらに天然なので、見ていて飽きません。

「レイトンブラザーズ・ミステリールーム(LAYTON BROTHERS MYSTERY ROOM)」の物語は全9話となっており、
ゆっくり進めていくと数日は楽しめる大ボリュームとなっています。
序章を含め、3話分を無料で遊ぶことが可能です。
もしお気に召した場合、Google playでは、3話から6話までが収録された「追加事件フォルダ【前編】」が300円、
7話から最終話までが収録された「追加事件フォルダ【後編】」が200円となっています。
また、App Storeでは追加ストーリー各100円で販売されており、全話収録されたお得なコンプリートパックは500円となっています。

「レイトンブラザーズ・ミステリールーム(LAYTON BROTHERS MYSTERY ROOM)」は懐かしく癒される音楽と今までと変わらない絵のタッチなので、
今まで「レイトン教授」シリーズをプレイなさってきた方にもオススメのアプリだと思います。
推理ゲームが好きな方、「レイトン教授」シリーズが好きな方は必ずハマるアプリゲームではないでしょうか?

ではこれから「レイトンブラザーズ・ミステリールーム(LAYTON BROTHERS MYSTERY ROOM)」をプレイしていきたいと思います♪
レイトン教授ゲームスタート画面